不動産投資をして相続税の対策を行う

お金をたくさん持つことができるのは幸せなことです。
それだけ豊かに生活できることを意味します。
しかしどれだけお金を持っていれば幸せか、豊かはわかりません。
将来のことを考えれば今のうちに自分がお金を持っておくことで子供たちを幸せ、豊かにできるかもしれません。
子供たちの子供にも影響させることもあるでしょう。
子供たちに資産を遺すときに問題になるのが相続税です。
一定金額の相続があると税金の支払いが必要になります。
もしぎりぎり相続税の支払いが発生しそうなら不動産投資を検討しても良いかもしれません。
現在銀行預金などで持っているお金を不動産に変えます。
不動産にすると遺産を分割するときに行いにくい、売却しにくいなどが言われます。
不動産投資をして不動産として資産を持っていると、遺産の評価が大きく減じられます。
通常の価格よりも下がるとされるので、その分資産が少なく見積もられます。
ぎりぎりの場合なら税金を払わなくて済むかもしれません。