不動産投資をしようと志す時には

不動産投資は投資の王道であるといえます。
つまりは、不動産に対して投資をするわけですが、その方向性は多岐に渡ります。
ですから、色々とやり方があるわけです。
バブルの時に流行したのが、地価が上がることを期待して購入することです。
要するにキャピタルゲインを期待するわけです。
他には家賃収入などがありますが、これはインカムゲインといいます。
どちらにも一長一短がありますから、かなり計画的に考える必要があります。
右肩上がりの成長であるならば特に気にすることもないですが、どうしても経済が複雑になってきますと地価の上がり調子もよくわからなくなりますし、テナントや住居の需要も予想がつかなくなります。
その為、手っ取り早く利益になる転売のほうがよい、という人もいます。
それは投資に対するスタンスの問題であり、どちらもよい時もありますし、悪い時もあります。
不動産投資のよいところは、手元に財産がある点です。
担保にすることもできます。